サーフフィットってどうなの?口コミから解説

スポーツジム
最近では『暗闇ボクシング』や『バイクエクササイズ』など、色んな種類のエクササイズが流行してきました。

今回はそんな中でも『サーフフィット』という、サーフボートのような器具を使ってエクササイズを行うジムについてお話しします。

でもぶっちゃけ「見た目は派手だけど、本当に効果あるの?」と思っている人も多いはず…。

そこで大手フィットネスクラブのインストラクターと色んなジムを回った経験のある筆者が、『サーフフィット』について詳しく解説します。

VIVO
VIVO

公式サイトだけでは分からないメリットやデメリットについても詳しく解説していきます!

サーフフィットとは?

サーフフィットとは「サーフボードのような器具に乗って、エクササイズを行うフィットネスジム」です。

バランスボールの上にサーフボードが乗っており、その上でエクササイズを行います。

ボードの上は不安定なので、自然と体幹を鍛えることが可能です。

マシンやウェイトを使って行う地味な筋トレと違って、「楽しみながらエクササイズができる」ことから、若い女性を中心に人気を集めています。

ちなみにサーフフィットは『女性専用』なので、男性は通うことはできないので注意が必要です。

サーフフィットがある地域は?

東京銀座本店、渋谷店、池袋店、吉祥寺店
愛知県栄店
大阪梅田店
兵庫県神戸三宮店

全国に7店舗と店舗数は少なめです。

ビル内に店舗があるため施設内はあまり広くありません。

スタジオも1つしかない店舗が多く、全体的にこじんまりとした造りです。

ただしジム内はかなりオシャレな空間が造られており、利用者からも「オシャレでテンションが上がる!」と高い評価を得ています。

サーフフィットの料金は?

出典:surffit.jp

最もベーシックな『マンスリーフルメンバー』で16,170円(税込)なので、普通のフィットネスクラブに比べると料金はやや高めだと思います。

ちなみにサーフフィットは「月に通える回数も限られている」ので注意が必要です。

  • マンスリー4メンバー:毎月1〜末日までの間に4回レッスン受講可能
  • マンスリーフルメンバー:毎月1〜末日までの間で毎日1回レッスン受講可能
  • マンスリーデイメンバー:1日〜末日までの平日(火〜金)10時〜15時までに開始するレッスンを受講可能

どのコースに入会するか迷っているなら『マンスリーフルメンバー』がオススメです。

『マンスリー4メンバー』と『マンスリーデイメンバー』は、自分のライフスタイルに合う場合に選択しましょう。

口コミから分かるサーフフィットのメリット

口コミを元にサーフフィットのメリットをお話ししていきます。

ジムを選ぶときは「そのジムのメリットが自分にマッチしているか?」を判断することが大切です。

これから紹介するメリット全てがマッチしているなら即入会すべきです。

反対に「あまり自分には魅力を感じないな…」と思うなら入会は見送るべきだと思います。

それでは早速、サーフフィットのメリットを紹介していきます。

とにかく楽しくエクササイズができる

出典:surffit.jp

とにかく毎回のセッションが楽しい!」「今までにないエクササイズで飽きが来ない」という口コミが多数ありました。

マシンやダンベルでの地味なトレーニングと違って、全身を動かすサーフフィットのトレーニングは画期的でかなり楽しいみたいです。

「何となくダンベルやマシンのトレーニングに飽きてきたな…」という方は、サーフフィットはかなりおすすめできます。

VIVO
VIVO

楽しみながらエクササイズできるのが、サーフフィット最大のメリットです!

体幹を重点的に鍛えられる

出典:surffit.jp

サーフボード上の不安定な環境で行うエクササイズは、体幹の筋肉を重点的に刺激することができます。

口コミでも「体幹を鍛えることでウエストが引き締まった」「体幹が強化されて姿勢が良くなった」という声が多数ありました。

体幹はボディメイクにはもちろん、女性のスタイル維持おいても非常に重要な部位です。

体幹が鍛えられることで、姿勢が改善されます。

結果的に『スタイルが良くなる』・『腰痛が改善される』などメリットばかりです。

トレーナーや会員が綺麗でモチベーションが高まる

出典:surffit.jp

ボディメイクを成功させるうえで『周囲の環境』は非常に大切です。

サーフフィットはトレーナーだけでなく、通っている会員のレベルが高いので、自然とモチベーションも高まります。

周りの人が綺麗すぎて緊張する」という口コミもありましたが、慣れてくれば気にならなくなります。

またサーフフィットには比較的若い年齢層が多いので、会員同士のトラブルも少ないようです。

フィットネクラブでは、スタジオメンバーの『派閥』があるのが現実です。

そうした派閥は年配層が作り上げることが多いので、サーフフィットなら心配はないでしょう。

口コミから分かるサーフフィットのデメリット

ここまでで「よし!すぐに入会しよう!」というのは少々危険です…。

ジムへの入会を決める時は、必ず『デメリット』も考慮する必要があります。

デメリットをあらかじめ考慮していないと入会後に「あれ?なんか思ってたのと違う…」なんてことになりかねません。

しっかりとデメリットも考慮したうえで、入会を検討してみましょう。

料金が割高

料金が割高で通い続けるのは難しい...」「もう少し料金が安ければな…と思う」などの口コミがありました。

一般的なフィットネスクラブの月会費が1万円前後だと考えると、サーフフィットの料金はやや割高な設定といえます。

他ではできないエクササイズを提供する代わりに、やや料金設定は高めとなっているようです。

VIVO
VIVO

最近では24時間ジムなんかは、月1万円を切る所も多いですよね。

確かに月会費が1万5千円以上となると、かなり高額に感じるかもしれません。

ジム内が狭い

ジム内が狭くてやや窮屈に感じる」「ロッカールームが狭くて着替えにくい」などの口コミがありました。

サーフフィットは東京・大阪のジム内に店舗を構えており、館内はそれほど広くはありません。

小じんまりとしている店舗が多いので、広い空間でトレーニングしたい方には、やや不向きかもしれません。

館内は狭いですが、かなり装飾にはこだわって造られています。

『オシャレ好きな女性』なら気に入ること間違いなしです。

口コミ・評判

ここでは実際にナイアジムに寄せられた口コミをいくつかご紹介します。

なお、捏造防止のために口コミは全て『Google』から引用しています。

ぜひ実際の利用者の声を、入会の判断材料としてみてください。

なかなか運動が続かず色んなフィットネスにチャレンジしていましたが、楽しくて唯一続けることができている運動です。
初めの頃は毎回筋肉痛になり、効果も実感していました。音楽に合わせてトレーニングをするので、普通なら辛く感じることも、不思議と楽しくできています。

いつも明るいインストラクターの皆さんに癒されています☆ジムはキツイものというイメージがあったのですが、サーフフィットに通ってからキツくてもノリノリな音楽と明るいインストラクターさんが盛り上げてくれるので、楽しみながら通うことができました。

スタッフの皆さんとても感じが良いです。いつも明るい笑顔で迎えてくださります。
サーフフィットのメニューは、引き締めたいパーツに特化したレッスンもあり、内容も変化するので、いつも楽しみです!

サーフフィットへの入会がおすすめな人は?

出典:surffit.jp

ジムへ入会する際は、「本当に自分にマッチしているジムか?」を判断することが大切です。

ここでは口コミを元に、サーフフィットへの入会がおすすめな人の特徴を解説します。

サーフフィットへの入会がおすすめな人は、以下の通りです。

  • 地味なエクササイズが苦手な人
  • グループレッスンが好きな人
  • フィットネスクラブに通っても直ぐに飽きてしまう人

それでは順に解説していきます。

地味なエクササイズが苦手な人

マシンやダンベルを使ったエクササイズが苦手な人は、サーフフィットへの入会がかなりおすすめです。

とにかくアクティブに楽しくエクササイズができることが、サーフフィットの魅力。

ダンベルやマシンでの筋トレは何故かすぐに飽きてしまう…」という人は、ぜひ1度サーフフィットを体験してみてください。

VIVO
VIVO

反対に黙々と一人でトレーニングするのが好きな方には不向きかもしれません。

グループレッスンが好きな人

フィットネスクラブでのグループレッスンが好きな人も、サーフフィットがおすすめです。

周りの人と一緒に頑張るのが好き」「友達やレッスン仲間と楽しくエクササイズがしたい」という人にはピッタリでしょう。

また24時間ジムとサーフフィットの両方に通っている方もいるようです。

24時間ジムでは一人黙々とトレーニングをこなし、サーフフィットでは仲間と楽しくエクササイズをするのもおすすめです。

フィットネスクラブに通っても直ぐに飽きてしまう人

今まで普通のフィットネスクラブに通っても長続きしなかった方も、サーフフィットへの入会はかなりおすすめです。

実際に利用者の口コミでも「今まで通ったどのジムよりも楽しくて、長続きしている」という声もありました。

普通のフィットネスクラブは直ぐに飽きてしまう方は、ぜひ一度サーフフィットを体験してみてください。

サーフフィットに入会するには?

サーフフィットへの入会を検討されている人は、まず『体験レッスン』を受講しましょう。

「いきなり入会してもいいんじゃ?」と思うかもしれませんが、体験レッスン後に入会するのが無難です。

頭の中に抱いていたイメージと、実際にレッスンを受けてみた感想は違うことが多々あります。

入会を検討している人は、まず体験レッスンに参加してみましょう。

体験レッスンの申し込みはコチラ ]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました